不動産賃貸事業の管理運営方式には、一括借上型というものがあり、メリットデメリットがあります。

賃貸マンションを選ぶ際の注意点

賃貸物件の管理運営方式における一括借上型

不動産賃貸事業の管理運営方式には、事業型と一括借上型があり、それぞれメリットデメリットがあります。更地にしておくのはもったいない、相続税対策、事業の多様化のためなど不動産賃貸事業を始める動機はさまざまですが、特に初めてその事業を行う場合はいろいろな不安がつきまといます。

一番心配なのは、アパートなどに投資をして賃貸の募集をかけても入居者でいっぱいにできなかった、つまり空室が出てしまうというリスクです。許容できる空室率を大幅に超えてしまうと、当然家賃収入はがくっと落ちます。さらに、借入をしている場合は返済ができなくなる恐れがあり、最悪は担保物件が差し押さえられてしまう可能性があります。

そんなリスクを回避できるのが一括借上型で管理運営を行うというものです。ある相手が自分のアパートの全室をいったん借入します。その相手が入居の募集をかけて、入居者を募るのです。空室リスクはその相手も持つことになり、自分には全室分の家賃が入ってきます。ただし、当然ですが、その家賃は相手のマージンが引かれて相場より低い家賃収入になります。また、その賃料も未来永劫同じとうわけではなく近隣家賃相場の変動等で再交渉がある可能性はあります。リスクを減らす分安定した収入を得たい場合には良い方法ではないでしょうか。


Copyright(c) 2017 賃貸マンションを選ぶ際の注意点 All Rights Reserved.